【60代ユニクロ・GUなど】プチプラブランドを使った夏のカラーコーデ

COORDINATE

昨年から引き続き今年もカラーアイテムが豊作です。

ビタミンカラーや鮮やかなグリーンなどの小物からファッションアイテムまで、雑誌や街中で見かける方も多いのではないでしょうか?

しかし、色物を使ったスタイリングは苦手という声もちらほら聞こえてきます。

特に年齢を重ねると「若作りになってしまうのでは」「痛いファッションと思われてしまうのでは」と心配になってしまうことも。

そこで本日は、大人カジュアル派がカラーアイテムを取り入れるためのポイントと実際の60代のブロガーのカラーコーディネートをご紹介します。

60代のカラーコーディネートの取り入れ方

POINT(1) 全体のバランスが重要!派手カラーの面積は抑えめにするのが吉

POINT(2) 色を使いすぎないのが大切。まずはカラーアイテムは1点投入!

POINT(3) ベーシックな形のアイテムで色物に挑戦すると馴染みやすい

POINT(4) カラーアイテムはプチプラブランドで購入すると挑戦しやすい

POINT(5) カラーアイテムが悪目立ちしないように、他の小物で調和させる

ユニクロやGUなどのプチプラブランドを取り入れた夏のカラーコーディネート

【ユニクロ】ブルーのワンピースを主役にしたコーディネート

取り入れたカラー:ブルー

カラーアイテム :ワンピース

カラーの面積 :広め

ワンピースは、UNIQLO(ユニクロ)で2,900円ほど。2022年春夏アイテム。


カラーコーディネートの中でもブルーは最も取り入れやすいカラーの一つ。

いつもシャツワンピースで白を選んでいる人にとっても黒を選んでいる人にとっても、置き換えやすい色がブルーなのです。またデニムを普段愛用している人にとって、ネイビーと近いため既に馴染みがあります。

ワンピースという大きな面積を占めるアイテムをカラーに置き換えても、派手になりすぎないのがブルーの良いところです。

大切なのは、ワンピースのシルエットやデザインで挑戦をしすぎないこと。

個性的なシルエット × カラーのアイテムは上級アイテムなため、まずはクラシカルな形から挑戦することをおすすめします。

【Green Parks】挑戦カラーのオレンジをベージュの小物で調和させた

取り入れたカラー:オレンジ

カラーアイテム :ボトム、パンツ

カラーの面積 :半分以下

調整アイテム :ベージュの小物

パンツはGreen Parks(グリーンパークス)で2022年春に購入。定価は5,000〜6,000円ほど。


オレンジのファッションアイテムは少し挑戦カラーです。

カラーアイテムの中でも黄色やオレンジといったビタミンカラーは、カラーコーデに慣れていない人にとっては難しく感じるかもしれません。

そのため、全体の面積に対し、過半数以下に抑えるのと同系色の小物でオレンジを全体に馴染ませるということを気をつけています。

今回はボトムスで取り入れ、ノースリーブのチュニックでオレンジの露出度を抑え、ベージュのアイテムで調和させています。

また、「カラーアイテムを取り入れるぞ!」と意気込むより「いつもベージュのパンツを履いているところをオレンジにしてみよう」くらい気軽に取り入れるのも挑戦しやすい秘訣。

せっかくカラーコーデに挑戦するのであれば、普段着ない色を選んでみるというのも、いつもと異なるファッションを楽しめるのでおすすめです。

【GU】カラーコーデに相性が良い白色のグルカサンダルを投入

取り入れたカラー:ブルー

カラーアイテム :ワンピース

カラーの面積 :広め

調整アイテム :白の小物

ワンピースはSM2(サマンサモスモス)で購入。サンダルはGUで2022年初夏の人気のアイテム。


カラーコーディネートをお洒落に着こなすアイディアの一つに、小物を白を取り入れるというアイディアがあります。

ブルーをメインにしたチェック柄の中に、白のラインが使われていることを生かして、白色の小物を取り入れて全体を調和させ、お洒落度も上げています。

カラーアイテムとしてチェックなどの柄アイテムを取り入れる場合は、全体であまり多くの色を使わないというのもポイントです。

サンダルは履き慣れたデザインでももちろんOKですが、GUならトレンドど真ん中のグルカサンダルも2,900円で購入できるため、一気に今年風のスタイリングに仕上がりおすすめです。

【ユニクロ】いつものコーデに羽織るだけでカラーコーデを楽しめる夏のシアーカーディガン

取り入れたカラー:オレンジ

カラーアイテム :カーディガン

カラーの面積 :狭め

カーディガンはユニクロの2022年春夏アイテムで、2,900円で購入。


カラーコーディネートで1番気軽に取り入れやすいのは小物。

その次に取り入れやすいのがカーディガンです。

普段のコーディネートに色物の羽織りものをプラスするだけで、華やかに変化します。

そして「やっぱり派手だったかな?」と思った時には脱いでしまえば、普段のモノトーンやナチュラルカラーのスタイリングに戻れるというのがカーディガンの良いところ。

ユニクロの夏のカーディガンは2,000円代から購入でき、カラー展開も豊富なため、鮮やかな色にも挑戦しやすいのが嬉しいですよね。

写真では少し透け感がわかりづらいですが、カーディガンはシアー素材になっているため、夏に羽織っても涼しげです。

まとめ

60代の大人カジュアル派に向けて、夏のカラーコーディネートのポイントやプチプラブランドを使った実際のスタイリングを紹介しました。

60代のカラーコディーネートのポイント

  • POINT(1) 派手カラーの面積は抑えめにすると取り入れやすい。
  • POINT(2) 色数は多くしない。まずは1色カラーアイテムを取り入れてみる。
  • POINT(3) 普段着ている洋服の形で、色物に挑戦すると取り入れやすい。
  • POINT(4) 旬のカラーはユニクロなどのプチプラブランドで購入できる。
  • POINT(5) バッグや靴とカラーアイテムを調和させると悪目立ちしにくい。

大人カジュアル派のカラーアイテムが購入できるプチプラブランド

  • UNIQLO(ユニクロ)
  • GU(ジーユー)
  • Green Parks(グリーンパークス)
  • SM2(サマンサモスモス) など

いつものお洋服に色物のカーディガンをさっと羽織ったり、いつものワンピースをブルーにしてみたり・・・。思っていたよりも簡単に色物が取り入れられ、意外と60代のスタイリングにも馴染のだなと発見があったら嬉しいです。

素敵にカラーアイテムを着こなす若い世代からヒントをもらいつつ、60代だからこそできるスタイリングも楽しんでいきたいですね。

元気の出る色を取り入れたコーディネートで夏を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました